旧佐賀屋ビル(鳥栖市大正町)の裏側にある、やや怪しげな階段を3階まで上ると、そこが「門トス」の入り口だ。恐る恐るドアを開けると、国鉄時代の帽子を手にした田中伍夫さんの満面の笑みがあった。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加