佐賀大学と京セラ(京都府)が共同開発した抗菌性を高めた人工股関節が、経済産業省の「ものづくり日本大賞」特別賞を受賞した。酸化銀を人工関節の表面に塗ることで、術後の感染症の発生を抑える。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加