商売繁盛や家内安全を祈願する春の伝統行事「初午(はつうま)祭」が7日、鹿島市古枝の祐徳稲荷神社で開かれた。春の訪れを感じさせる陽気に誘われ、県内外から大勢の参拝客が訪れた。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加