東京オリンピック・パラリンピックに向けてボスニア・ヘルツェゴビナをイメージした着物を作る唐津市の市民運動で、プロジェクト関係者が5日、東京・南麻布の同国大使館を訪れ、取り組みの概要や今後の予定に関し…

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加