江戸時代に始まる鍋島緞通(だんつう)の作品展が6日、佐賀市の高伝寺前村岡屋ギャラリーで始まった。伝統の文様を現代の感覚で表現した作品約30点が来場者を迎えている。11日まで。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加