日本の美術、文化を海外へ紹介する国際交流基金の国際巡回展「超絶技巧の日本」に、「純プラチナ彩」で知られる伊万里市の陶芸家、山本一洋さん(73)=一洋窯=の作品が取り上げられている。現代日本の陶磁器の代表として、精緻で華やかな作品が、海外の人々の目を引きつけている。