甲子園出場が決まって3日後の1月29日。日が傾いた午後5時前、7限目の授業を終えた選手たちが駆け足でグラウンドに集まってきた。犬塚晃海主将の掛け声を合図にタイマーが始動。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加