子どもの家庭環境の問題解決を福祉の側面からサポートしているスクールソーシャルワーカー(SSW)の労働組合が本年度、佐賀県内に設立された。SSWは学校と児童相談所、警察など関係機関を結ぶ調整役を担い、悩みを抱える家庭に寄り添うなど教育現場での存在感は増しており、県内でも支援件数は増加傾向にある。