4日で任期を終える嬉野市の谷口太一郎市長の退任式が2日、市役所であった。谷口市長は約220人の職員に向け、行政職員の仕事について「一朝一夕に評価が出なくとも、努力する価値はある」と尊さを伝えた。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加