九州電力は31日、延期していた低レベル放射性廃棄物の輸送を本年度は中止すると発表した。搬出先となる日本原燃の埋設センター(青森県六ケ所村)で、不具合を起こしたクレーンの補修などに時間がかかったため。新たな輸送計画は3月末に発表する。