2020年の東京五輪に向けて世界各国をイメージした着物を制作する「KIMONOプロジェクト」で1月30日、唐津市の佐志小6年生が東欧のボスニア・ヘルツェゴビナの着物の柄をデザインした。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加