ギャンブルにのめり込む当事者の家族らの相談に応じる「家族の会」が2月4日、佐賀で発足する。ギャンブルに固執し、頻度やつぎ込むお金を自制できなくなる「ギャンブル依存症」は国際的にも病気と認知されているが、依然として性格上の問題と誤解されるケースが絶えず、つらい気持ちを抱え込む家族が多いという。