「不良な子孫の出生防止」を掲げる旧優生保護法により不妊手術を強いられ、子どもを産み育てる基本的な権利を奪われたと、宮城県の60代女性が国に損害賠償を求め仙台地裁に提訴した。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加