上峰町出身の石丸利道さん(71)=東京都在住=が、シリーズのエッセー「(4)あの頃の佐賀」を出版した。前作までと同様、郷土で過ごした昭和20~30年代の幼・少年時代の遊びや学校生活などを振り返る。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加