厚生労働省が都道府県の医療費抑制や健康づくりの取り組み成果を初めて点数化した結果、最大で約2・3倍の差があることが29日、分かった。成果が一番高く評価されたのは新潟(183点)で、最下位は山口(80点)だった。