明治維新150年を迎え、佐賀県は維新期に佐賀藩士たちの間で広く読まれた、鍋島侍としての生き方を説く『葉隠』にスポットを当てる。有名な「武士道と云(い)うは、死ぬことと見付けたり」は戦時下、本意とは違う戦意高揚に使われるなど“時代の風”によってさまざまな読まれ方をしてきた。