佐賀県の投手で夏の甲子園のマウンドに最も長く立ったのは、1994年に全国制覇した佐賀商の峯謙介。1回戦から決勝までの6試合を一人で投げ抜いた。708球に及ぶ熱投が県民の脳裏に焼き付いている。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加