地域課題解決の取り組みを考える「地方創生コンファレンス」が25、26の両日、佐賀市で開催された。2日目には、東北大大学院の石井山竜平准教授が、住民のつながりを醸成する社会モデルについて講演。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加