地域課題解決の取り組みを考える「地方創生コンファレンス」が25、26の両日、佐賀市で開催された。2日目には、東北大大学院の石井山竜平准教授が、住民のつながりを醸成する社会モデルについて講演。地域に誇りや愛着を持つことを“あきらめない”と表現し、その重要性を説いた。