希望の党の大串博志衆院議員(佐賀2区)は26日、国会内で開かれた党両院議員懇談会で「基本政策や野党連携に関する考えが違うのであれば分党させてほしい」と発言した。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加