第1回大会から連続出場を続けている唯一のチーム。昨年は主力の平山欣が欠場して9位と振るわなかったが、今回は入賞を狙う。 復帰の平山欣に加え、5000メートルのタイムが15分台の岩永、池田、古藤健がチームの主軸となる。ベテランの堀田や前回2区で区間4位と奮闘した平山貴の走りにも期待がかかる。