国道34号での追突事故防止を啓発する「前を34(見よ)作戦」の鳥栖署管内での今年初めての活動が24日、鳥栖市から上峰町までの同国道であった。署員50人が街頭に立ち、通行するドライバーに注意喚起した。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加