心と体の性が一致しない「性同一性障害」と診断された人たちに配慮して、国民健康保険(国保)の保険証に4月から、通称名を表記できるようにする基本方針を佐賀県がまとめた。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加