■もしもアイツのモヒカンが羊羹だったなら。 茜雲の色も美しく、小豆の素材を生かした練羊羹。寛永16年(西暦1639年)創業、佐賀36万石の城下町の御菓子司鶴屋が手がけています。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加