佐賀県の山口祥義知事が18日、東京・新宿の早稲田大学で初めて講演した。明治維新期に日本をリードした佐賀の人物や技術、工芸などを紹介し、ものづくりと人づくりに長けた地域の魅力をアピールした。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加