国土交通省がまとめた国内線の本年度上半期(4~9月)の欠航率で、格安航空会社(LCC)の春秋航空日本は3・35%と、主要11航空会社の中で最も高い割合だった。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加