慶応3年(1867)8月27日、草場佩川(はいせん)は佐賀の自宅で突然の嘔吐(おうと)と頭痛に見舞われました。駆けつけた医師は、長年の多忙と過労が原因と診断したといいます。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加