慶応3年(1867)8月27日、草場佩川(はいせん)は佐賀の自宅で突然の嘔吐(おうと)と頭痛に見舞われました。駆けつけた医師は、長年の多忙と過労が原因と診断したといいます。