現地で建て替える唐津市役所の基本設計案がまとまった。3年後の供用開始を目指す免震構造の新庁舎は、多目的ホールや会議室など「市民協働ゾーン」を建物東側に配置し、閉庁時でも市民が利用できる。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加