入賞を視野に挑んだ佐賀県チームは、スタートダッシュできなかったものの、中盤巻き返して16位でゴールした。古川昌道監督(鳥栖工高教)は「流れに乗れない中、うまくレースをまとめてくれた」と、3年連続10位台で踏ん張った選手たちをねぎらった。