地域経済の疲弊を憂い、「観光日本一の嬉野」を旗印に挑んだが、支持を広げることはできなかった。午後9時半ごろ、嬉野町の事務所で岸川美好さん(69)は集まった支持者を前に「壁が厚かった。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加