熊本県の高校球界で記憶に残る投手といえば野田浩司(多良木)。本格右腕は甲子園出場こそないが、1985年夏の県大会ベスト4など同校の躍進を支えた。プロではフォークを武器に1試合19奪三振の日本記録をマークした。 捕手は野球殿堂入りを果たした伊東勤(熊本工)。