農家の高齢化が進み、中山間地などで農地の維持管理が課題になる中、西松浦農業改良普及センター(伊万里市)は、あぜやのり面の草刈り作業の負担を減らす研究を進めている。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加