救急活動の指針などを検討する佐賀県メディカルコントロール協議会(会長・枝國源一郎県医師会常任理事)は、救急救命士の処置範囲の拡大を4月から実施することを決めた。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加