2020年に開催する東京五輪・パラリンピックの大会マスコットを全国の小学生が投票で選ぶ取り組みに合わせ、佐賀市内の小学校でも投票が進んでいる。佐賀市の赤松小学校では17日、児童たちが各学級で決定した投票結果を、東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会に送信した。 投票は1学級につき1票。