行政相談の仕組みや意義について学ぶ出前授業が10日、嬉野市の久間小であった。同市で行政相談員を務める中島憲郎さん(63)が6年生28人に、地域で実際に行政相談を通して改善された道路設備などを紹介した。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加