茶道の宗徧流佐賀支部は昨年12月17日、佐賀市の旧古賀家で忠臣蔵にまつわる「義士茶会」を開いた。 赤穂浪士の大高源吾が吉良氏と茶友だった山田宗徧に入門し、茶会の情報を得て、討ち入りの日を決めた。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加