佐賀県が2020年度中の導入を目指す防災ヘリに関し、整備方針を検討する委員会が15日、県庁で開かれ、事務局は航空隊員を9人体制、操縦士を2人体制にするなどの方針案を示した。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加