14日に告示された嬉野市長選は、現職が引退し、無所属新人同士の三つどもえという構図で火ぶたを切った。少子高齢化や九州新幹線長崎ルートの開業など、地域の課題は転換期を迎える。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加