社民党佐賀県連(中村直人代表)は12日、山口祥義知事に、障害者の差別解消に関する県条例の制定など8分野54項目の実現を申し入れ、2018年度の県予算編成に反映させるよう要望した。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加