「この辺りか」。大分市佐賀関の漁師、永倉和久さん(30)は船上から釣り糸を放り、疑似餌の付いた釣り針15~20本を水深約100メートルの海中に沈めた。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加