佐賀県は11日、2018年度からの国民健康保険(国保)運営の広域化に向けた運営方針を固めた。各市町が県に納める負担金(納付金)の算定方法に医療水準の差を反映させることなどが主な柱。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加