鍋野手漉(てすき)和紙工房は嬉野市塩田町鍋野地区にある和紙工房です。 鍋野和紙は江戸時代に農家の副業として広まり、障子、傘、ちょうちんの紙に使われました。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加