金塊約206キロが唐津市の名護屋漁港に密輸された事件で、佐賀地裁(吉井広幸裁判官)は、金塊の所有権を主張する人物の裁判への参加申し立てを棄却した。決定は9日付。佐賀地検が10日に明らかにした。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加