訴訟について記者会見するソフトウエア開発会社「サイボウズ」の青野慶久社長(左)=9日午前、東京・霞が関の司法記者クラブ

 日本人同士の結婚で夫婦別姓を選択できないのは戸籍法の欠陥で憲法違反だとして、東京のソフトウエア開発会社「サイボウズ」の青野慶久社長(46)ら4人は9日、精神的苦痛などに対する計220万円の損害賠償を国に求めて東京地裁に提訴した。

 戸籍法の規定では、日本人と外国人の結婚と離婚、日本人同士の離婚の後は同姓か別姓かを選択できる。原告代理人の作花知志弁護士は「日本人同士の結婚で別姓が選べないのは法の下の平等に反する」と主張している。

 訴状によると、青野氏は2001年に結婚し戸籍上は妻の姓を選択したが、仕事では旧姓の「青野」を使用。パスポートや株主総会で戸籍上の姓を使うよう強いられ、生活に支障が出たと主張している。

 青野氏は提訴後、東京都内で記者会見し「旧姓使用に法的根拠を与えてほしい。それだけでたくさんの人たちが救われる」と話した。法務省民事局は「訴状が届いていないので現段階ではコメントできない」としている。

 他の原告は、神奈川県の女性と東京都の事実婚の男女。夫婦同姓を定めた民法の規定については、最高裁が15年に合憲と判断している。

このエントリーをはてなブックマークに追加