佐賀市の龍谷中学・高校(喜多秀哉校長)は9日、佐賀城本丸歴史館で新春恒例の「百人一首かるた大会」を開いた。中高生145人が熱戦を繰り広げ、普段は厳かな雰囲気が漂う大広間に歓声が響き渡った。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加