有田焼窯元の深川製磁(深川一太社長)で9日、ろくろの仕事始め「くるまおろし」があった。熟練職人2人がしめ縄を飾ったろくろに向かい、技術向上への思いを新たにした。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加