「日清外交」の立ち位置を決める船出だった。明治6(1873)年3月、横浜を出港した軍艦は清国を目指した。乗り込んでいたのは元佐賀藩士、副島種臣。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加