棚田が広がる鹿島市能古見の早ノ瀬地区で、香辛料などに用いられるサフランの生産が軌道に乗り始めている。コメ農家の西喜佐雄さん(67)が休耕田と空き家を利用して5年前に栽培を開始。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加