白石町で暮らす外国人向けの日本語教室が16日に開講する。言葉を学ぶだけでなく、易しい日本語で交流できる場所にしようと地元住民と町が一緒に準備。誰もが住みやすい「多文化共生」の拠点を目指す。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加