福岡、大分両県で甚大な被害が生じた昨年7月の九州北部の豪雨から、5日で半年を迎えた。被災地では応急的な復旧をほぼ終えたが、なお約1200人が仮設住宅などで仮暮らしを余儀なくされる。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加