佐賀市の成穎中(梶原彰夫校長)で4日に前期入試があり、県内での受験シーズンが始まった。定員55人に245人が出願し、倍率は過去最高の4・5倍だった。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加